So-net無料ブログ作成
検索選択

おしゃれなクラッシックデザインの自転車に子どもを乗せる? [20インチミニベロ]

おしゃれママの間で、クラッシックデザインの自転車を子ども乗せ自転車にする、というのが隠れ流行中!

おしゃれな自転車と言えば、bikke(ビッケ)や ベガス モンタナクラシックなどの自転車があります。

025112mini.jpg

このような小径タイプのおしゃれ自転車に、チャイルドシートをセットすることができるんです。
お子さんが大きくなったら取り外して、街乗り自転車としてずっと使うことができます。
ママチャリはかっこ悪いけど、子どもが小さなうちだけは我慢しよう・・・
と諦めていた人、いませんか?


ミニベロの欠点とは


モンタナクラシックのような小さめのタイヤの自転車のことを「ミニベロ」といいます。
ミニベロの欠点は、タイヤが小さいために段差がちょっときついこと。
大きなタイヤなら楽々乗り越えられるところも、少しコツがいるかもしれません。
ただ、舗装された道路を走ることが多いなら、これはあまり気にしなくていい点ですね。

もうひとつの欠点は、スピードが出にくく長距離を乗るのには適していないこと。
ミニベロのなかにも、スポーツタイプのものがありますが、モンタナクラッシクは街乗りを目的に作られたものだからです。
でもお子さんを乗せて走るためなら、かえってそのほうがいい、というママのほうが多いのではないでしょうか。


ミニベロの長所とは


じゃ、ミニベロのいいところは?
なんといってもそのデザインがかわいいところですが、
そのほかの機能的にもメリットがいくつかあります。

まずは、小回りが利くこと。
タイヤが小さいのでハンドル操作も軽くできるんです。
方向転換がしやすいので、駐輪するときなんかもとても楽です。

また、タイヤが小さいということは、最初の漕ぎ出しが軽いということでもあります。
普通のママチャリだと、子どもを載せているときは重たいので、スタートの踏み初めに「うーん」と体重をかけて踏まないと漕ぎ出せない感じがありますが、
ミニベロだとその部分がずいぶん楽になりますよ。

もうひとつは、本体が軽いということ。
コンパクトで重さも軽めなので、マンションやアパートにお住まいの場合でも、階上の自宅まで持って上がるということもしやすいですね。
最近は防犯上の問題から、自転車を玄関の中に入れておくことにしているお家も少なくありません。
そのような場合にも、コンパクトなほうが便利というわけです。



共通テーマ:育児
広告スペース
Copyright © モンタナクラシック おしゃれな子供乗せ自転車はこれ! All Rights Reserved.

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。